キャサリンのおはなし
MIRAI
MESS013
1,620円(税込)

現代美術作家・MIRAI による、
美しく儚い物語ぬり絵絵本「キャサリンのおはなし」。
「女性」をテーマとして、 平面作品を中心に活動を続けるアトランタ在住作家、 MIRAIの作品を初めて本の形へ。
普段は様々な素材を駆使し、女性や少女の存在そのものを
精神的・肉体的な角度から切り取って表現をしている彼女ですが、
その絵の魅力の大きなポイントとして美しい”線”があります。
少女たちの煌めきに肉薄した、くっきりと彫られ刻印されたかのような意思を持った、
それでいて柔らかで艶かしく動く線。
そこに着目し、ぬり絵の形で線画を本にしました。
ストーリーは、女性の生涯のテーマ「永遠の美しさ」を主軸に
少女キャサリンが持つ危うく切ない気持ちをたどります。
何処かクラシカルな寓話のようなお話を楽しみながら、
絵にオリジナルな色を塗ってみてください。
誰もが経験した、間違いや迷いそのものが美しい
刹那的な時間に、触れられるかもしれません。

A5(210mm×148mm) / 48P
100部発行 / 2014年発行

MIRAI
http://emily-cat.tumblr.com/

委託販売店舗
中野タコシェ
新宿眼科画廊
台北・Mangasick

2014/2/22~3/9
「キャサリンのおはなし」出版記念・原画展を行いました。
@中野タコシェ /// MESS特設ページ